消費税関連

事業を行っていれば誰でも消費税を申告する必要がありますか?

 原則的には、事業を行っている者(事業者)は法人・個人を問わず納税義務があります。
 ここで言う「事業」とは、同種の行為を反復、継続、独立して行うことをいいます。
 したがって、例えばネットオークションなどで個人的に品物を売る分には「事業」とはみなされませんが、取引規模や金額や回数が度を超えていれば「事業」とみなされる可能性はあります。
 ただし、基準期間の課税売上高が1,000万円以下の場合など、一定の要件の下で納税義務が免除されることがあります。

ページトップへ戻る

消費税の95%ルールって何ですか?

 特集ページにて詳しく解説してありますので、そちらをご覧下さい。

>>特集ページはこちら

ページトップへ戻る

メインメニュー

福井会計事務所

Blog

税理士の話 最新の記事

Copyright(C) 福井会計事務所 All Rights Reserved.