法人税関連

法人税の税率はどれくらいですか?

 法人税は原則、所得金額に対して30%が課されます(平成24年4月1日以降開始事業年度は25.5%に引き下げられます)。
 ただし軽減措置として、中小法人等については所得金額800万円までは18%(本則22%)の税率が適用されます(平成24年4月1日以降開始事業年度は15%(本則19%)に引き下げられます)。
 なお、平成24年4月1日~平成27年3月31日開始事業年度については、復興特別法人税として基準法人税額に対して10%が上乗せされます。
 この他に地方税分として、都道府県に対して法人事業税、地方法人特別税、法人都道府県民税を、市町村に対して法人市町村民税をそれぞれ納めることになります。
 ちなみに、地方税のうち法人住民税には「均等割」があるため、所得の有無にかかわらず最低でも年額70,000円が課されることになります。

ページトップへ戻る

法人税の申告書はいつまでに提出する必要がありますか?

 原則として決算日の2ヶ月後までに、所轄の税務署に提出する必要があります。提出期限の日が土日祝祭日の場合は、その翌日となります。決算日は会社を設立する際に定款で自由に設定でき、また、設立後も変更は可能です。

ページトップへ戻る

メインメニュー

福井会計事務所

Blog

税理士の話 最新の記事

Copyright(C) 福井会計事務所 All Rights Reserved.